1st.png

Fuge Nr.14 fis-moll BWV 883

2021

バッハの「平均律クラヴィーア曲集第2巻第14番前奏曲とフーガ BWV 883 嬰ヘ短調」よりフーガ部分を映像化しました。​三種類の主題がある三重フーガの構造を表現しています。

 

大塚直哉のレクチャーコンサート「聴くバッハ、そして観るバッハ」(2021年7月11日)においてオルガン演奏にあわせてリアルタイムで映像の投影を行いました。 また、その後、北海道の札幌市民交流プラザで行われた「PLAZA映像祭」にて再演しました。

「聴くバッハ、そして観るバッハ」

2021年7月11日

ポジティフオルガン:大塚直哉

映像:大西景太

写真:横田敦史

「PLAZA映像祭/映像作家・大西景太の“音のかたち”」

2022年10月8日

電子オルガン:吉村怜子

映像:大西景太

詳しい解説はこちら

Visualization of the fugue section from Bach's "The Well-Tempered Clavier BookⅡ, No.14 Prelude and Fugue BWV 883 in F-sharp minor".

 

It expresses the structure of a triple fugue with three different themes. In Naoya Otsuka's lecture concert "Listening to Bach and Watching Bach" (July 11, 2021), video images were projected in real time to accompany the organ performance.

 

On October 8, 2022, the piece was performed again at the "PLAZA Video Festival" held at the Sapporo Shimin Koryu Plaza in Hokkaido.

Organist: Satoko Yoshimura