10月札幌

10/7〜10/9に札幌市民交流プラザで行われる「PLAZA映像祭」のイベントのひとつに参加します。作品の上映とメイキングトークに加え、オルガン奏者吉村怜子さんの生演奏にあわせ、バッハのフーガをVJで表現します。


10月8日(土)

映像作家 大西景太の"音のかたち"

★大西景太氏トーク+VJライブ付

13:40 開場

14:00 開始

15:20 終了


NHK「名曲アルバム+(プラス)」などで音色や音楽の構造を映像で視覚化する作品を発表し続ける注目の映像作家、大西景太。今年4月には「文字の視覚表現の探求」を目的に設立された東京TDC賞2022でグランプリを受賞されました。本プログラムでは代表作の上映とメイキングトークに加え、電子オルガンの生演奏とともに、J.S.バッハのフーガを映像化した『Fuga Nr.14 fis-moll BWV 883』のVJライブを行います。大西景太が送る“音のかたち”によって、バッハの音楽を「聴く」とともに「観る」発見の時間をご堪能ください。


トークゲスト:大西景太(映像作家)

音楽の構造や音の質感をアニメーションで表現する手法を用いて、映像インスタレーション作品やミュージックビデオ、TVコンテンツ制作に携わる。NHK名曲アルバム+「レクイエム/カルドーゾ作曲」で東京TDC賞2022グランプリを受賞。法政大学デザイン工学部システムデザイン学科准教授。


電子オルガン演奏:吉村怜子(オルガン奏者)

東京藝術大学音楽学部器楽科卒業、同大学院音楽研究科修士課程修了。その後、フランスのリヨン国立高等音楽院オルガン科卒業、同音楽院修士課程修了。在仏中は教会での演奏のほか、音楽フェスティバルに参加。帰国後は札幌を拠点に演奏活動を行う。




https://www.sapporo-community-plaza.jp/event.php?num=2514