Audiovisual AR ( production in progress )

2020

試作/制作進行中

複数スピーカー+AR アニメーションで「音が見える体験」をつくる

音の質感を視覚化した3Dアニメーションを、

その音が鳴る位置にあわせてAR表示するオーディオビジュアルインスタレーション企画。

 

上の映像は、異なる音が出力されている8つのスピーカー内蔵展示台の上に、

ARでそれぞれのアニメーションを表示している試作品です。

2019年度の文化庁メディア芸術クリエイター育成支援制度に採択され制作中です。

An audio-visual installation in which 3D animations that visualize

the texture of sound are displayed in AR according to the position of the sound.

 

This is a test that shows each animation in AR on an exhibition table

with eight built-in speakers, each with a different sound output.

This work has been selected as a Project to Support emerging media arts creators

by Japan's Agency for Cultural Affairs for 2019 and is in production.

 

http://creators.j-mediaarts.jp/project/traffic

9台のスピーカーを巡って個々を見る(聞く)

iPadをかざすと、そこで鳴っている音がAR アニメーションによって見える

展示台にスピーカー(接着面を振動させるエキサイター)

2つのモード

© 2019 Keita Onishi

  • 黒ブロガーのアイコン
  • Vimeo
  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • YouTube